フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》

その心臓は何と2リットル直噴ターボ。果たして、それで“エクスプローラーらしく走れるのか”というのが誰もが気になるところだろう。しかし心配は無用。結論は文句無しにイエスである。

実は3.5リットルV6よりも厚い37.3kgmの最大トルクを1000rpmも低い回転域で発生する特性に加えて、車重が110kgも軽いから、立ち上がりは軽快だし、その先も頭打ち感は無く、アクセルを踏み増すごとにトルクが素直に上乗せされていく。力強さは間違いなく期待以上だ。
 
車重が軽いのは、4WDではなく前輪駆動だからでもある。よってヘヴィなオフロードユースに向かないのは明白だが、日常域では何の不満も無い。4WD版と同様、シャシーの出来は素晴らしく、高いスタビリティに安心感は抜群だ。
 
「XLT」と「XLTエコブースト」の価格は同一。悩ましいところだが、今の自分であれば必要性、燃費、そして新鮮な走行感覚で、やはりエコブーストを選ぶだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島下泰久│モータージャーナリスト。
クルマの基本である走りの楽しさから、それを取り巻く諸々の社会事象、さらには先進環境・安全技術まで、クルマのある生活を善きものにするすべてを守備範囲に、専門誌から一般誌、各種ウェブサイトなどに執筆。著書に『極楽ガソリンダイエット』(二玄社刊)、徳大寺有恒氏との共著『2011年版間違いだらけのクルマ選び』(草思社刊)。

フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》