光岡 ビュート 新型《撮影 内田俊一》

光岡『ビュート』がフルモデルチェンジした。そのインテリアはオリジナルのインパネを採用するなど、これまで以上に意識して仕上げられているという。

そのポイントについて、同社事業部開発課課長の青木孝憲さんは、「木目調と本革を使用して、それらの素材感を大切にしました」という。また、「こういうような落ち着きのある、自分の部屋があったらいいなというイメージです」。

そして、「外を見て良し、中を見て納得。見ても乗っても眺めても楽しいクラシカルなビュートということで全体をまとめました」とし、「あまりおもちゃっぽくしたくなかったので、シンプルなラインでデザインしています」と話す。

最後に青木さんは、「エクステリア、インテリア、全体のまとまりをどうするかというのを常に気を配ってデザインしました。どこかだけが突出してもだめなのです」とバランスを常に意識したことを語った。

光岡 ビュート 新型《撮影 内田俊一》 光岡・ビュート/インテリア《撮影 太宰吉崇》 光岡・ビュート/インテリア《撮影 太宰吉崇》 光岡・ビュート/インテリア《撮影 太宰吉崇》 光岡・ビュート/インテリア《撮影 太宰吉崇》