竣工式の様子

JX日鉱日石エネルギーと韓国GSカルテックス社の合弁会社であるパワー・カーボン・テクノロジー(PCT)は24日、韓国・亀尾(グミ)市にて、リチウムイオン電池用負極材を生産する工場の竣工式を行った。

リチウムイオン電池は、電気自動車やハイブリッド自動車などの車載用電源として、急速な市場拡大が見込まれている。今回竣工した工場では、7月よりリチウムイオン電池の性能を決定する重要な材料の一つである負極材の商業生産を開始する。

JXグループでは、既にJX日鉱日石金属が、リチウムイオン電池用正極材を製造・販売しており、2012年度中にはその製造能力を年間5000トン規模に増強する予定。また、使用済みリチウムイオン電池等から有価金属を回収する技術の商業化に向けても取り組んでいる。

新工場では、早期に販売数量2000トン/年の達成を目指す。