ロス・ブラウン(メルセデスAMG)

メルセデスAMG代表ロス・ブラウンがバルセロナのレースに姿を見せなかった理由が、検査のための一泊入院だったと明かされた。

体調不良を感じ診察を受けたその後、精密検査のために入院し帰宅したが、医師のアドバイスを受け入れて週末は休息をとることに決めたそうだ。

スペインGPではCEOのニック・フライが代行でチーム代表を務めたが、ミハエル・シューマッハのクラッシュ後に、フライは「(シューマッハ)今季限りの契約終了の申し出があったとしても驚かないだろう」などと発言していた。モナコでの戦線復帰を前にしたブラウンはどちらかというとシューマッハ擁護の立場だ。

「いろんなことが言われているが、4戦か5戦程度でミハエル(シューマッハ)に対する不満を口にすべきではなかったと思う。ミハエルは開幕戦でチャンピオンの資質を見せてくれた。私は今年中に彼のポディウムを見ることができると信じている」

シューマッハとは、しかるべき時点で話し合いをし、結論を出すことになるとブラウンは付け加えた。

ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG) ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG) ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG) ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG) ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)