ボーイング787

ユナイテッド航空は、ボーイング787型機で成田国際空港と米国コロラド州・デンバー国際空港を結ぶデイリー直行便を2013年3月31日から運航開始すると発表した。

成田国際空港発便の運航開始日は2013年4月1日を予定しており、機材には最新鋭のボーイング787ドリームライナーを使用する。同路線はデンバー空港にとって初のアジア都市への直行便となる。

同社では、成田〜デンバー路線開設後、太平洋路線のジョイントベンチャー・パートナーである全日本空輸(ANA)とともに、アジアの20以上の都市とデンバーを成田国際空港経由でシームレスに結ぶことになる。

同路線に使用されるボーイング787ドリームライナーは、全座席数219席で、内訳はユナイテッド・ビジネスファースト36席と足回りの広いエコノミープラス63席、エコノミークラス120席となる。

同機は従来機と比較し、改良された機内照明、より大きな窓、より大きな頭上収納棚、軽減された客室与圧、強化された換気システムなど、より快適な機内空間を提供する。また、同機は軽量な複合材の使用と最新のエンジンの採用、さらに改良された空力設計により同サイズの従来機に比較して、航続距離が長く、より効率的に飛行することが可能となる。

ボーイング787-8 JAL仕様エグゼクティブクラス(参考画像) ボーイング787-8 JAL仕様エコノミークラス(参考画像)