マルチスズキ・スイフト

スズキは24日、インド子会社マルチ・スズキ・インディア(マルチ・スズキ)が生産・販売する小型乗用車『スイフト』と『ワゴンR』が、インドで初めて実施されたデザイン賞「インディア デザイン マーク 2012」を受賞したと発表した。

同デザイン賞は、日本デザイン振興会の支援により、日本のグッドデザイン賞をモデルとして、インド商務産業省の関係機関である「インドデザインカウンシル」が主催し、今年度より実施したもの。優れたデザインの基準を明確に示し、インドの産業全体を向上させるとともに、デザインの重要性への社会的な認知を高めていくことを主な目的としている。

今回、同デザイン賞を受賞したスイフト、ワゴンRは、2011年度のインド自動車市場において、各15万台を販売。同クラスの中の最量販モデルとなっている。

マルチスズキ・ワゴンR