フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》

低燃費と走行性能のバランスが取りやすい2リットル4気筒+ターボは今や各メーカーの主戦場となった観があるが、なかでもこのフォードのエコブースト・エンジンは最高出力、最大トルクともにスペックで優位に立つ。それを2tを超えるSUVに搭載してしまうところにも、フォードの自信が見て取れる。

フル加速時のフィーリングは3.5リットルV6とは異なるが、エンジンが吠え過ぎる感じもなく、日本の法定速度内ならストレスは感じない。FWDゆえに4WDシステムを持つV6車より100kg以上軽いのもいい方向に作用しているようだ。

オフロード走行を楽しんだり、雪道を走る機会の多い人には同じ443万円のV6+4WDの組み合わせを勧めるが(ただしエコブーストはXLTでも本革シートを標準装備)、高速道路をはじめオンロード走行がほとんどならエコブーストの軽快感は買いだろう。

高速道路の巡航ではエンジン回転もぐっと低くなり、アメリカンSUVにつきものだった大食い感を払拭した功績は大きい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

田畑修|フリーランスライター
1957年東京生まれ。1980年に日刊自動車新聞社に入社し、『輸入車ガイドブック』編集長などを歴任後、1998年からフリーランスに。古き良き時代のクルマ社会に関する記事や自動車産業の動向、参加型モータースポーツのレポートなどを手がける。

フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》