ボルボ・世界初導入となる歩行者用エアバッグ

ボルボは、新型『V40』に採用される世界初の「歩行者用エアバッグ」の仕組みを公開した。

歩行者用エアバッグでは、車の正面に埋め込まれた7つのセンサーがコントロールユニットに信号を送信。車体が何らかの物体との接触を感知すると、信号が変化し、コントロールユニットがその信号を評価。感知した物体を人間の脚として認知した場合、歩行者用エアバッグが展開する仕組みになっている。

ボンネットのヒンジ部分には、システム起動時にピンを引き出し、ボンネットパネルの背面を開放する機能を装備。起動と同時にエアバッグが作動し、ガスの充填を開始する。エアバッグが膨張する際にボンネットを10cm持ち上げ、その位置を保持する。

ボンネットとエンジンコンパートメント内の硬い部品の間に隙間を作ることで、ボンネットを変形させ、衝撃を吸収するスペースを確保。歩行者と衝突した際に衝撃を和らげる効果を生み出す。

エアバッグは、膨らんだ状態で、ワイパー全体の収納部とフロントガラスの約3分の1、並びにAピラーの下部をカバーする。全ての連動したシステムが起動してから完全に膨らむまでは、200〜300分の1秒。同システムは、時速20kmから50kmでの走行で作動する。

ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ボルボ V40 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》