フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》

最近のアメ車は侮れない、と言うのが試乗しての印象だ。ターボと直噴方式の助けを借りているとはいえ、排気量は2リットルだから、乗る前は心配だった。なにしろ車重は2tを超えている。だが、走らせてみると元気いっぱいだった。

2リットルの4気筒ターボは軽やかに吹きあがり、レスポンスもシャープだ。そして3000回転の手前から一気にパワーとトルクが盛り上がる。高速道路のランプ進入や追い越しは得意だ。このくらい気持ちよく回ると6速ATにパドルシフトがほしくなる。

100km/hクルージングは約1800回転で、この速度域では静粛性も高かった。静粛性は兄貴分のV6エンジン搭載車(4WD)と互角かそれ以上の印象だ。

前輪駆動に生まれ変わった2WDのエコブーストはフットワークも軽快で、ボディの大きさを感じさせない。ステアリングを切りこむと、軽やかに狙った方向にクルマが向きを変える。良好な視界と自然なロール感も好ましい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
おすすめ度:★★★★

片岡英明│モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。新車からクラシックカーまで、年代、ジャンルを問わず幅広く執筆を手掛け、EVや燃料電池自動車など、次世代の乗り物に関する造詣も深い。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。10-11日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》