トピー工業グループは23日、2012年度から2015年度を実行期間とする中期連結経営計画「Growth&Change2015(G&C2015)を策定し、スタートさせたことを発表した。

新中期連結経営計画G&C2015では、グローバルでの成長と高収益体質への変革を基本方針として、新興国需要の拡大と国内経済の成熟化へ対応する事業基盤の強化により、さらなる成長へつなげる。

自動車・産業機械部品事業では、海外需要の拡大に応え、生産拠点の現地化と生産能力の増強、海外提携先との連携強化に取り組み、販売を拡大。また、顧客ニーズに対応した商品展開と高生産性ラインを構築し、事業基盤を強化していく。

具体的な2015年度の数値目標としては、売上高を前年度比410億円増の2815億円、営業利益を同74億円増の180億円、純利益を同61億円増の100億円とした。