JX日鉱日石エネルギーは、原油のヘッジ取引に関する東京国税局が行った更正処分の取り消しを求めて最高裁判所に上告したと発表した。

JXエネルギーの前身である新日本石油は2006年11月に税務調査によるヘッジ取引の更正処分を受けた。新日本石油は、これを不服として国税不服審判所長へ審査請求を行ったが却下された。

2009年7月には、更生処分の取り消し求めて東京地裁に提訴したが棄却、2010年にも、東京高裁に控訴したが今年5月9日に控訴を棄却する判決の言い渡しを受けた。

今回、これを不服として5月22日に最高裁に上告した。