マツダ CX-5

マツダは23日、2012年2月より欧州各国で順次販売を開始した新型『CX-5』が、欧州の安全性能評価基準である「ユーロNCAP」で、最高ランクの5つ星を獲得したと発表した。

2009年から新評価システムが採用されたユーロNCAPは、「乗員(大人)保護性能」、「乗員(子供)保護性能」、「歩行者保護性能」、「安全補助」の4項目についての総合的な安全評価を行っている。

2012年は2011年と比べて総合評価、歩行者保護性能評価で5つ星評価の獲得基準が厳しくなったが、CX-5は4つのカテゴリすべてにおいて、同サイズのSUV中トップレベルの得点率を得て、最高評価の5つ星を獲得した。

マツダでは、新評価システム導入以降、『Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)』『Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)』の欧州仕様車が2009年にユーロNCAPの5つ星を獲得しており、CX-5で3車種目となる。

ユーロNCAPの評価点 ユーロNCAPの評価点