ソーラーフロンティアと独べレクトリック社が運用する世界最大の太陽光発電所(独ブランデンブルク州)

ソーラーフロンティアと独べレクトリック社は23日、CIS薄膜太陽電池を使用した世界最大の太陽光発電所が完成し、運営を開始したことを発表した。

同発電所は、ドイツのブランデンブルク州ボホーにあり、宮崎県国富工場で生産したソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池を約20万5000枚(約28.8MW分)設置した。

同社のCIS薄膜太陽電池は、発電効率が高く、日射量が少ない環境下でも優れた実発電量を発揮する。また、黒一色の外観で、景観にも違和感なく溶け込んでいる。

ベレクトリック・ソーラークラフトベルケ社の最高戦略責任者であるマルチン・ツムブシュは「CIS 薄膜太陽電池の発電所が運営開始したことは、再生可能エネルギーへの移行へ向けた重要な一歩であり、ブランデンブルク州の特筆すべき成果だ」とコメントした。

ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュール「SF-150-K」