JSB1000秋吉耕佑(10月9日、全日本ロードレース選手権、岡山)

モビリティランドは、7月26日から29日に鈴鹿サーキットで開催する「2012 FIM 世界耐久選手権シリーズ第3戦 "コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第35回大会」に参戦するホンダ主要チームの体制を発表した。

大会2連覇を狙う「F.C.C.TSRホンダ」は2011年JSB1000クラスチャンピオンの秋吉耕佑と、FIMスーパーバイク世界選手権で現在ランキング3位のジョナサン・レイがペアを組む。

2年ぶりの優勝を狙う「MuSASHi RT ハルクプロ」は、4年連続表彰台を獲得している高橋巧に加えて、今シーズン、FIMアジアロードレース選手権シリーズに参戦し、8耐2連覇の清成龍一、FIMスーパーバイク世界選手権に参戦、鈴鹿8耐は9年ぶりとなる青山博一が組む。

昨年の鈴鹿4耐優勝ライダー、アズラン・シャー・カマルザマンは、Asia Dream Cup Professional Trainer を務める玉田誠と亀谷長純と共に鈴鹿8耐に「ホンダ Team Asia」として参戦し表彰台を狙う。

ジョナサン・レイ