トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》

ごく普通に試乗コースをひとまわりして帰ってきたときの燃費が49.8km/リットルだった。この燃費のもつインパクトは、ボクにとって大きなものだった。

いままでどんなハイブリッドカーに乗っても、こんな数字は見たことがない。それがごく普通に…たぶん一般的なドライバーからみたら少し速めのペースで…走ってさらりと出てしまうのだ。つまり、リアルな燃費データなのだ。

走行距離は、正確には計測してないがおよそ30km程度だから、ほぼEV走行可能距離。試乗コースには高速道路も含まれていたが、カタログに書かれているように、ホントに100km/hまではエンジンをかけずに走ることができた。

操縦性についても、『プリウス』より重くなっていることによるネガティブは感じなかった。走行中クルマの重さを意識させられることもなかった。旋回性能についていえば、むしろ前後のバランスが良くなっているのではないかと思えた。

純粋な電気自動車に乗って思うのは、電欠したらどうしようという不安。けれどもプリウスPHVは、EVモードを使うとまるで電気自動車の走行感覚が味わえるうえ、バッテリーがなくなっても、そののまま走っていられる安心感がある。

欲を言えば走行中のバッテリーへの充電をもう少し積極的にできないものだろうか、ということ。トヨタディーラーに今後充電器が施設されていくのだろうが、それはそれとして。

プリウスのハイブリッドシステムのように頻繁に充電を行うとバッテリーへの負担が大きくなったり、燃費が悪くなったりするのかもしれないが、回生ブレーキによる充電だけでなく(条件が整うとある程度充電するらしいが)、高速道路や郊外路では、走行中にエンジン出力から充電がある程度できるモードを設けるなどして、街中でEVモードを積極的に使えるとうれしい。そうすると、集合住宅に住んでいて駐車場で充電ができない人にもPHVを購入する明確なメリットが見えてくるのだが…。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

齋藤聡|モータージャーナリスト
特に自動車の運転に関する技術、操縦性に関する分析を得意とする。平たくいうと、クルマを運転することの面白さ、楽しさを多くの人に伝え、共有したいと考えている。そうした視点に立った試乗インプレッション等を雑誌及びWEB媒体に寄稿。クルマと路面との接点であるタイヤにも興味をもっており、タイヤに関する試乗レポートも得意。また、安全運転の啓蒙や普及の重要性を痛感し、各種セーフティドライビングスクールのインストラクターも行っている。

トヨタ プリウスPHV《撮影 青山尚暉》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》