カンヌ国際映画祭の会場ホテルに展示されたメルセデスベンツSL63AMG

新型メルセデスベンツ『SLクラス』の高性能モデルとして、2012年3月のジュネーブモーターショー12でデビューした新型「SL63AMG」。同車がフランスで開催中の第65回カンヌ国際映画祭の会場で、ちょっと変わった展示を行った。

これは、カンヌ国際映画祭の会場となったホテル、インターコンチネンタル カールトン カンヌの建物前に出現したもの。SL63AMGの後方には、映画の撮影で使われる巨大な「カチンコ」が用意され、その黒板部分に「SL63AMG」の文字が大きく記されるという、非常に目立つディスプレイだ。

実は同ホテルのロビーには、27日までのカンヌ国際映画祭の期間中、AMGデスクが設けられ、AMG各車の試乗受付が行われた。カンヌ国際映画祭を訪れる世界の富裕層に、AMG車をテストドライブする機会を提供。購入につなげようという狙いだ。