UDトラックス・多目的ディスプレイ

UDトラックスは、5月23日から25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2012」に出展、「UDインフォメーションサービス」と中型クラスエンジン2基を展示する。

UDインフォメーションサービスは、大型トラック『クオン』と中型トラック『コンドル』に搭載した多目的ディスプレイから、車両コンディションや運行状況などを自動で発信。それを同社が集約・分析し、ユーザー車両の燃費改善や計画的な整備の実施、車両の稼働率向上に有益な情報をレポートで提供する。今回は、多目的ディスプレイ実機とパネルで紹介する。

中型クラスエンジンでは、GH5とGH7を展示。2基のエンジンは、ボルボグループが採用する中型クラスエンジンとして同社が開発。燃料の最大噴射圧力を高めた新開発コモンレールを採用したほか、小排気量化やフリクションの低減、電子制御によるエンジンの最適化を図り、エンジン本体の燃費性能を向上させている。

また、同社が世界で初めて自動車で採用した尿素SCR触媒と、UDパーティキュレートクリーニングとの組み合わせで、NOxとPMの削減能力を向上させ、ポスト新長期排出ガス規制に適合。エンジン実機とパネルで紹介する。

UDトラックス・GH5エンジン UDトラックス・GH7エンジン