第40回ニュルブルクリンク24時間耐久レース GAZOO Racing参戦車両 86

トヨタ自動車は、5月17日から20日までニュルブルクリンクで開催された第40回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場した、GAZOO Racingの『LEXUS LFA』と『86』がクラス優勝したと発表した。

169台の車両が参加した決勝レースにおいて、SP8クラスで参戦したLEXUS LFA(83号車:木下隆之、飯田章、脇阪寿一)が総合15位、SP3クラスの86(166号車:石浦宏明、大嶋和也、井口卓人、高木実)が総合46位に入り、それぞれクラス優勝した。

また、もう1台の86(165号車:影山正彦、佐藤久実、勝又義信、高木実)も総合65位、クラス6位で完走した。

5月18日に行われた予選で総合順位32番となったLFA 83号車は、スタートから順調なペースで総合20位前後、クラストップでの走行を続けた。その後、車両接触等のトラブルでピットインを強いられる場面もあったものの、順調に走行を続け、総合15位までポジションを上げて完走した。

GAZOO RacingレクサスLFA(2011ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車)