メルセデスベンツ・Eクラス クーペ/カブリオレ

メルセデス・ベンツ日本は、2ドアクーペ、メルセデスベンツ『Eクラス クーペ』および4シーターオープンモデル『Eクラス カブリオレ』を一部改良し、21日より発売を開始した。

「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」は、AMGスタイリングパッケージ、18インチ5スポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトを標準装備。インテリアにはダークアルミニウムインテリアトリムを採用することで室内もスポーティな雰囲気とした。

「E350ブルーエフィシェンシー クーペ/カブリオレ」は、AMGスタイリングパッケージ、18インチAMG 5ツインスポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトを標準装備した。

「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」には、18インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを標準装備した。

また、レーダー波を用いて前方や側方の車両など障害物を検知し、自動的にブレーキを作動させ衝突の危険性を低減する予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」を新規オプション設定(19万円)とした。

価格はE250クーペが669万円、E350クーペが875万円、E550クーペが1110万円、E350カブリオレが923万円。