フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》

動力性能的には、まったくもって問題なし。加速中のノリだって、最初のひと転がしこそ、粘りにやや欠けるように思うけれど、ある程度速度にのってしまいさえすれば、そうとう気持ちのいいライドフィールをみせる。

さらに。4WDのV6モデルよりも、ドライバーの意志に忠実は動きをみせてくれた。ノーズの動きはもちろん軽やかだし、ブレーキ時のダイブも抑えられている。マイナス100kgが利いている。
 
なるほど、ダウンサイジングは、『エクスプローラー』でも、メリットだらけだった。それでも、手放しで絶賛する気にはなれない。加速時や高速走行時の走りの質感に、どうしても物足りなさを感じてしまう。何だか薄味の料理を食べているようで、確かにヘルシーなんだろうけれども、満足感に乏しい。ガイシャ、特にアメリカ車の魅力は、絶対パフォーマンスだけではなく、+αの“濃い味”だと思う。
 
国産SUVを選ばす、あえてここ日本で、エクスプローラーというアメリカンSUVの独自性を楽しむというのであれば、時代性や社会の流れも理解したうえで、ボクなら迷わずマルチシリンダーを選ぶだろう。ダウンサイジングなど、もともと軽やかな動きの欧州ブランドたちに任せて。値段も同じことだし…。

■5つ星評価
パッケージング:★★ 
インテリア/居住性:★★★★ 
パワーソース:★★★ 
フットワーク:★★★ 
オススメ度:★★★ 

西川淳|自動車ライター/編集者
産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を眺めることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった趣味の領域が得意。中古車事情にも通じる。永遠のスーパーカー少年。自動車における趣味と実用の建設的な分離と両立が最近のテーマ。精密機械工学部出身。

フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》