カングージャンボリー2012開催《撮影 内田俊一》

20日、富士カーム(山梨県富士吉田市)において、4回目となる“カングージャンボリー2012”が開催された。主催はルノー・ジャポン。

昨年は、300台強の参加台数だったこのイベントだが、今年は驚いたことに約640台を超え、主催社は嬉しい悲鳴を上げていた(いずれの台数もカングー以外のルノーも含む)。それもそのはず、想定は500台ほどと考えていたからだ。そのため、会場オープンも40分早めるほど。それから1時間ほどで、富士山を見ることが出来る芝生の上には一面カングーで埋め尽くされていた。

今年の大きな特徴はステージでの催しが充実したことと、ドッグランを楽しむスペースが用意されたことだろう。そのステージではマジックショーや、モデルの森泉さんのトークショーをはじめ、恒例のジャンケン大会など、家族みんなで楽しめるステージとなっていた。

また、会場のあちこちで、キャンプを張って家族で楽しんでいたり、仲間同士で来場し、バーベキューをしたりする姿が見かけられた。

そして、もうひとつ印象的なのが、来場されたカングーのモディファイである。ほとんどのカングーユーザーは何かしら、自分のクルマに手を入れ、カングーを楽しんでいるのである。これはまさに、新生ルノー・ジャポンのブランドメッセージ、“Vis Tes Passions〜好きを走れ〜”を実践している素晴らしい例ではないか。

カングージャンボリー2012開催《撮影 内田俊一》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田千鶴子》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田千鶴子》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田千鶴子》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田千鶴子》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田俊一》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田俊一》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田俊一》 カングージャンボリー2012開催《撮影 内田俊一》 親ガメの背中に・・・・。《撮影 内田俊一》 アルピーヌA110を意識して《撮影 内田俊一》 カングーの先祖。ルノー4フルゴネット《撮影 内田俊一》 カングの先祖。ルノーエクスプレス《撮影 内田千鶴子》 カングークルールもお披露目《撮影 内田俊一》 森泉さんのトークショー《撮影 内田俊一》 恒例のジャンケン大会《撮影 内田千鶴子》 恒例のジャンケン大会《撮影 内田俊一》