BRZ S《撮影 青山尚暉》

『BRZ』をカジュアルなお手軽スポーティーカーだと思って買うと火傷する!

例えばライトウェイトオープンスポーツの初代ユーノスロードスターは価格もドライブフィールもかなり親しみやすかった。運転初心者だって、運転経験の浅い女性だって、軽快感溢れるスポーティーテイストをめいっぱい楽しめるカジュアル感があったのだ。

BRZは200万円台の価格だから、誰もが気楽に乗れるスポーツカーと思いがちだが、そうじゃない。足を投げ出すようなごく低いドラポジからして本格だ。降車時には最上級の「Sグレード」に標準の、サイドシルに手をかけるためのアシストパッドが不可欠なぐらいである。

今回はSの6ATモデルに試乗したが、それでもスポーティーカーとは一線を画す硬派さを見せつけてくれる。乗り心地は腹に響く…と表現していいぐらいソリッド。Dレンジで走っていても、2リットルの水平対向4気筒エンジンは常に戦闘状態に持ち込める回転域をキープし、ドライバーの右足にリニアに反応する。いわゆるオーバードライブ的にスルスル走るギヤは存在しないのだ。

パワステは片手運転を拒むかのようなズシリとしたタッチを示し、しかし軽快で鋭い回頭性を示してくれる。コーナリングの軌跡をアクセル操作で自在にコントロールできるあたりも、なるほど、本格スポーツカーらしさである。

つまり、その手ごろかもしれない価格から気楽に考え、じっくり試乗もせずに、スポーツカーのカタチをしたスポーティーカーのつもりで買ったならば、こんなはずじゃなかった…と後悔するかもしれない。

家の周りをトロトロ走っていたり、高速道路をクルーズしているときだって、気の抜けない硬派なスポーツカーテイストを発散し続けるのだから。カジュアルなのは価格と内外装の質感ぐらいです。

とはいえ、燃費はびっくりするぐらいいい。首都高での走行では16km/リットル、東京から小田原厚木道路&東名高速道路を経由し、箱寝の山道を駆け回って帰ってきたときは12km/リットルという好燃費を示したほどだ(無茶に飛ばさなければ)。

さらに大型犬の飼い主として付け加えれば、わが家のラブラドールレトリーバーが、ドアから、後席を完全にフラットかつごく低く格納しスペースアップした荷室に楽々乗り降りでき、ゆったりと乗れるのだから意外なほどペットフレンドリーな(!?)スポーツカーでもある。その荷室スペースアップ状態では対角線長が170cmもあるため、身長172cmのボクが足を伸ばして仮眠できるのだから、これまた驚かされる。

エンジンサウンドが、もう少し澄んだ快音を響かせれば、言うことなし。それと、公道では左ドアミラーの視界に妙な死角があることを発見。合流、左レーンチェンジ時はミラーだけに頼らず、ぜひ目視を!

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★
ペットフレンドリー度:★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフジャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がける。

【スバル BRZ 試乗】操る喜びと意外な実用性…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 【スバル BRZ 試乗】操る喜びと意外な実用性…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 【スバル BRZ 試乗】操る喜びと意外な実用性…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 サイドガーニッシュは86と比べ地味。プラスチッキーでもある。《撮影 青山尚暉》 コクピット《撮影 青山尚暉》 アルミペダル《撮影 青山尚暉》 スピードメーターは260km/hスケール。中央の回転計は9000回転まで刻まれる。《撮影 青山尚暉》 手元にスポーツモードなどの切り替えスイッチがある。《撮影 青山尚暉》 エアコンの操作系。トグルスイッチがいい感じだ。《撮影 青山尚暉》 首都高速を100km/h程度で流したときの平均燃費は16.2km/L。《撮影 青山尚暉》 後席を格納するとフラットかつ17インチタイヤを4本積めるスペースが出現。大型犬が乗ってもこの通り。《撮影 青山尚暉》 2名乗車で大型犬とドライブできる。《撮影 青山尚暉》