佐藤琢磨

INDY500の予選開始を翌日に控えた18日、各社は予選を見据えたセッティングに余念がない。6日間にわたるプラクティスを終えた佐藤琢磨は次のように語る。

「厳しいですねぇ。試した事が上手く行かず、昨日のセッティングに戻してまたやり直したりしました。単独走では223.6マイル/h止まりで、223.7マイル/hはちょっと苦しい感じです。ここまでシボレーが伸ばしてくるとは予想外でした。思ってもいなかった。明日は今日のトリム・データをしっかり見て、朝から予選へ向けたセッティングに集中します。もうベストを尽くすしかない。がんばります」

「(今日のブースト圧アップは)景色が変わってきました。このスピード域での1〜2マイル/hの違いは大きい。小さな車の動きも大きなものになる。風向きによる影響も大きくて、コーナーごとにウェイト・ジャッカーとかをいじりながら、ダウンフォース・レベルをギリギリに保ちました」

佐藤琢磨 地元のファンにサインを求められる佐藤琢磨 佐藤琢磨 佐藤琢磨 佐藤琢磨