サービスステーションに設置されたタブレット端末

NECは、昭和シェル石油のサービスステーションに設置したタブレット端末に、車や運転に関する有益な情報や電子マガジンなどを配信する「コンテンツ配信クラウドサービス」の提供を開始した。

昭和シェル石油は現在、石油業界の4社が連携した電気自動車向け充電拠点のネットワーク「EVサービスステーション・ネットワーク」に参加し、独自の充電サービスを試験的に提供している。

昭和シェル石油では、充電サービスが受けられるSSを中心に、NECのタブレット端末を設置。充電待ちの利用者に、電子マガジンや短編アニメの定期配信を楽しんでもらうとともに、天気・交通情報など一般のドライバーに有益な情報を提供することでサービスの差別化を図る。