いすゞ エルフ プラグインハイブリッド

いすゞ自動車は、5月23日から25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2012」に出展。「暮らしの近くの最適環境ソリューション」をコンセプトに、商用車に求められる環境技術で社会に貢献する同社の取り組みを紹介する。

同社は、小型トラック『エルフ』のプラグインハイブリッドを参考出品。現行の『エルフハイブリッド』に対して、リチウムイオンバッテリー容量、モーター出力を向上させ、パワーステアリングポンプとバキュームポンプの電動補機や充電器を搭載。通常のハイブリッド走行に加え、モーター走行による無公害・低騒音の走りを実現している。

このほか、小型トラック・エルフシリーズに搭載している直列4気筒ディーゼルエンジンや2ステージターボエンジン、未来のトラクタのデザインコンセプトモデル『T-NEXT』の5分の1スケールモデルなどを展示する。