昭和シェル石油は、地域のエネルギーサービス拠点としての役割を将来も担って行くために必要な、次世代に対応したサービスステーション(SS)の検証を開始した。

検証では、系列SSに同社100%子会社であるソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を使った太陽光発電設備をはじめ、リチウムイオン電池、エネルギーマネージメントシステム、電気自動車から住宅などへの電力供給システム、タブレット型情報端末を試験的に導入。次世代SSに求められる最適なエネルギー設備や新しいサービスモデルの検証を行っていく。

これらの取り組みは、経済産業省資源エネルギー庁の「グリーン・ステーション普及実現化事業」および「給油所次世代化対応支援事業」の一環として行われる。