旭テックが18日発表した2012年3月期の連結決算は、売上高が前期比10.7%増の808億4800万円、営業利益が同47.2%増の34億4000万円で、2期連続の増収増益となった。

鉄鋳造鍛造事業で、新興国向けのトラック・建設機械の需要が堅調に推移し、売上増に貢献した。

経常利益は関連会社への追加出資に伴い、持分法による投資利益が前年より大幅に増加したことなどにより、同83.3%増の32億3800万円、純利益は株主異動関連費用や訴訟関連費用、災害に伴う操業度差異などを特別損失として計上、同749.2%増の13億1900万円となった。

今期の業績見通しについては、引き続きトラック・建設機械の需要増加を見込むものの、原材料価格の上昇やタイ連結子会社における最低賃金の引き上げなどの影響を織り込み、売上高は前期比3.9%増の840億円、営業利益は同4.1%減の33億円、経常利益は同22.8%減の25億円、最終利益は同44.0%増の19億円とした。