ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》

1967年に日本に初めてランボルギーニが輸入されてから45年。ランボルギーニジャパンは日本上陸45周年記念として、『ガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ』を10台限定で発売した。

「アウトモビリ・ランボルギーニはイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼに1963年に設立されました」と話すのは、ランボルギーニジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏。「創業者フェルッチオ・ランボルギーニは究極のスポーツカーを創るという夢がありました。なぜなら、フェルッチオがフェラーリを運転していたところ、クラッチが壊れてしまったのです。そこで、自分自身でパーフェクトなスポーツカーを創ろうと思ったのがきっかけなのです」とその歴史を振り返る。

そして、「現在のランボルギーニは、卓越した技術とクラフツマンシップ、そして最高品質が全て合わさり、国際的でモダンな企業へと発展しました」。

日本でのランボルギーニの歴史は古く、「最初にランボルギーニが輸入されたのは1967年で、それ以降1500台を超えるランボルギーニが販売されました。その後、2002年にアウトモビリ・ランボルギーニジャパンが設立され現在に至ります」と語った。

ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ《撮影 内田俊一》 ランボルギーニジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏《撮影 内田俊一》