東武小泉線西小泉駅もパークアンドライドを実施する駅のひとつ《撮影 大野雅人》

東武鉄道などは18日、東京スカイツリータウンおよびその周辺での乗用車の駐車場台数を1481台と発表した。内訳は同タウン敷地内が1028台(自走式・地下)、敷地外の提携駐車場が453台。

同タウン敷地内には、観光バス(30台)とバイク(40台)の駐車場のほか、原付バイク(20台)と自転車(1870台)の駐輪場も整備される。

また、5月22日の開業から当面の間、同タウン周辺の路上に100名の交通誘導員(手持ちプラカード掲出)を配置し、駐車場の満空情報をドライバーに提供。さらに、浅草通りや三ツ目通りなど17か所に同タウン敷地内駐車場の案内板を設置し、周辺の渋滞緩和を目指すという。

一方、東武鉄道路線の26駅539台で実施しているパークアンドライドサービスの拡充も図るなど、公共交通機関の利用もPRする。

こうした東京スカイツリー周辺の交通対策は、レトロモダンにリニューアルされた浅草駅と東京スカイツリータウン内の商業施設「東京ソラマチ」の公開にあわせて報じられたもの。

浅草駅は、外壁面がネオ・ルネッサンス様式を思わせるレトロモダンのデザインに一新され、建設当時に設置されていた時計台も復活。構内はLED照明によって全体的に明るくなり、改札口に隣接していた「コーヒーショップけごん」の跡地に待合室とタリーズコーヒーがオープンした。

特急ホームなどには外国語での案内もできるステーションコンシェルジュも立ち、インバウンド推進もはかっていく。

ソラカラちゃんやテッペンペン、スコブルブルも浅草駅リニューアル式典に参加。そして三本締め《撮影 大野雅人》 浅草駅に復活した時計台には、正面・西・東の3方に時計が設置される《撮影 大野雅人》 かつて喫茶「けごん」があった場所は待合所とタリーズコーヒーに《撮影 大野雅人》 浅草駅特急ホームには外国人観光客を案内するステーションコンシェルジュの姿も《撮影 大野雅人》 押上駅側では小さな路線バスたちが頻繁に走り回る《撮影 伊牟田まどか》 東京ソラマチ内の「世界のビール博物館」からは東武伊勢崎線などが望める《撮影 大野雅人》 東京ソラマチ内の「世界のビール博物館」からは東武伊勢崎線などが望める《撮影 大野雅人》 東京スカイツリーのプラネタリウム「天空」も公開された《撮影 伊牟田まどか》 ソラカラちゃんやテッペンペン、スコブルブルも浅草駅リニューアル式典に参加。三本締め《撮影 大野雅人》 ソラカラちゃんやテッペンペン、スコブルブルも浅草駅リニューアル式典に参加。三本締め《撮影 大野雅人》 「おもてなしの心で皆様をお迎えしたい」と浅草駅長《撮影 伊牟田まどか》