13日午後4時10分ごろ、山梨県甲府市内の県道を走行していた大型バイクが単独転倒、滑走した状態で電柱に衝突する事故が起きた。運転していた41歳の男性は収容先の病院で死亡している。

山梨県警・甲府署によると、現場は甲府市岩窪町付近で、片側1車線の緩やかなカーブ。大型バイクは右カーブ進行中に単独で転倒。滑走しながら道路左側の路外に逸脱し、そのまま電柱に衝突した。

運転していた同市内に在住する41歳の男性は全身を強打。近くの病院に収容されたが、腰骨の骨折などが原因で約5時間後に死亡している。

死亡した男性は友人らとツーリング中だった。警察では運転操作を誤ったものとみて、事故発生の状況を詳しく調べている。