アイシングループ ITSデモンストレーションカー

パシフィコ横浜で開催の「人とくるまのテクノロジー展2012」(会期:5月23日-25日)で、アイシングループのブースには「わき見、居眠り判断技術」を体験できるコーナーが設置される。

今回、同展示会に、アイシン精機、アイシン化工、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックスの5社が、「燃費向上」「安心・安全」「わくわく運転」の3つのテーマで、アイシングループの代表的な製品・技術を展示する。

ブースでは、ドライバー自身の状態を検知し、安全運転を促がす技術として開発した「わき見、居眠り判断技術」のほか、「安心・安全」コーナーのデモンストレーションカーで、車両周辺の人や自転車の安全を確認しやすくするためのカメラを使った監視技術を紹介。

「燃費向上」コーナーでは、エンジン吸気バルブの開閉タイミングの変化領域を拡大し、エンジンの効率向上や再始動時の排気ガス浄化に貢献できる「中間ロック バリアブルバルブタイミング」や、フロントグリル内のシャッターを車速に応じて開閉することで空気抵抗を抑制するとともに、外気温に応じた開閉も行うことでエンジンの暖気促進に寄与する「グリルシャッター」などを紹介。

また、「わくわく運転」コーナーでは、トヨタ『86』向けの「トランスミッション(AT/MT)」や、ボディ剛性を上げ、ステアリングレスポンスを向上する「ドアスタビライザー」など、「走り」を楽しくする製品を紹介する。

アイシングループ 中間ロック バリアブルバルブタイミング