東京キャンピングカーショー2012 ルーフ部に搭載されたソーラーパネル

7月7〜8日の2日間、東京ビッグサイトで「東京キャンピングカーショー2012」が開催される。今夏の電力不足が懸念される中、ソーラーパネルを搭載したキャンピングカーも多数出展される。

2011年3月の東日本大震災などもあり、災害時のライフライン確保に注目が集まり、キャンピングカーは、非常時にも対応できる「バックアップ機能」として更に需要が伸びてきている。

年々ソーラーパネルや充電機能・外部電源機能が強化されるなど、災害時でも役立つ装備を充実させる車種が多く登場。今回のショーでは、電源確保など実生活にも活用できるキャンピングカーを多数展示する。

入場料(当日)は一般(高校生以上)500円、小人(小・中学生)300円。前売券は一般(高校生以上)400円、小人(小・中学生)200円。

東京キャンピングカーショー2012 ソーラーパネル搭載の出展予定車 東京キャンピングカーショー2012 外部電源搭載カーも出展