ツナグデザイン 電動バイク「ゼクウ」

画期的な電動バイク『zecOO(ゼクウ)』が都内でデモ走行する。日時は19、20日の両日、16時〜17時半で、場所は江東区青海のメガウェブ。同日開催される「メガウェブフェスタ2012」で初めて一般の人に走行を見せることになった。

同バイクはデザイン会社のznug design(ツナグデザイン)が企画、設計し、オートスタッフ末広が製作したもの。ほとんど手づくりで、部品などは職人が削り出しでつくったそうだ。「言ってみれば、職人の技と先端技術が融合した電動バイクです」と設計者でデザイナーの根津孝太社長。

2011年5月にデザインを書き、11月に完成した。そして、「東京デザイナーズウィーク2011」に出品したところ、注目を集め、「いつ販売されるのか」といった声が相次いだという。2012年3月の「東京モーターサイクルショー」でも状況は同じで、来場者がカメラに納める姿が多かった。

全長2450mm、全幅800mm、全高1160mm、重量290kg。バッテリーはニッケル水素。通常のバイクに比べて前方部分が長いため、運転するには慣れが必要とのことだが、根津社長は「世界限定で200〜300台売っていきたい」と話していた。

デモ走行の当日にはトークセッションが予定されている。

東京モーターサイクルショー2012 ツナグデザイン 電動バイク「ゼクウ」 東京モーターサイクルショー2012 ツナグデザイン 電動バイク「ゼクウ」 東京モーターサイクルショー2012 ツナグデザイン 電動バイク「ゼクウ」