トヨタ アクア搭載 DC-DCコンバーター

豊田自動織機は、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2012」(会期:5月23日-25日)に出展すると発表。HV・PHV・EV向けパワーエレクトロニクス部品など、環境技術を中心に最新の自動車関連技術を展示する。

今回、同社は小型・軽量の「EV用パワートレインユニット」を参考出品する。ユニットはインバーター、モーターなど機能部品を一体設計してレイアウトを最適化、小型・軽量化を実現。軽自動車から普通自動車まで様々なEVに対応するという。

また、PHV(プラグインハイブリッドカー)やEV(電気自動車)の普及に向け、公共の場所への設置に適した「通信機能付充電スタンド」と、コンパクトな壁付けタイプの「家庭用充電装置」、プリウスPHV搭載の「車載充電器」も出展する。

パワーエレクトロニクス部品としては、トヨタ自動車の『アクア』に採用された小型・軽量のDC-DCコンバーターを初出展。また、携帯機器の充電や災害時の非常用電源にも活用できる「ACインバーター」を出展するほか、参考出品としてアイドルストップ時にも、ライトなどの車載機器に安定した電圧を供給する「アイドルストップシステム用DC-DCコンバーター」を展示する。

このほか、トヨタ『プリウスα』に採用された世界最大の「樹脂パノラマルーフ」の展示や、『プリウス』や『アクア』に搭載するカーエアコン用電動コンプレッサー「ES14」、EV向けとしてルノー『カングーZ.E.』に初採用されたES27など、PHVやEVの車格にあわせた電動コンプレッサーのラインアップを紹介する。

EV用パワートレインユニット 樹脂パノラマルーフ 電動コンプレッサーES14