シトロエン C-ZERO

シトロエンの100%電気自動車『C-ZERO』を使って世界一周の旅をする「エレクトリック・オデッセイ」が日本へ上陸した。

8か月をかけて2万5000km、17か国を巡るこのツアーにシトロエンはオフィシャルスポンサーとしてC-ZEROの車両提供を行っている。

2012年2月にフランス東部の街、ストラスブルグを出発したAntonin Guy、Xavier Degonのエンジニア2人とC-ZEROは、ポルトガルから海を渡り、アメリカ大陸へ上陸、ニューヨーク-サンフランシスコ間の6000kmを横断し、先週横浜港に到着。東京でのイベントを終え、5月16日に日本の最終目的地である長崎へ向けて出発した。

100%電気自動車を使用するエレクトリック・オデッセイは世界初の試みで、シトロエンをはじめ、フランスの電力会社、モバイルソリューション、物流会社などの9つの企業が協賛し、ワールドツアーが実現した。

また、約2万5000kmの全行程中の走行電力は、世界各国の「プラガー」と呼ばれる一般ボランティアからの提供によるもので、2人のエンジニアはこのプラガーを頼りに走行を続けている。

シトロエン C-ZERO 渋谷にて シトロエン C-ZERO シトロエン C-ZERO シトロエン C-ZERO 祐天寺にて エレクトリック・オデッセイ エレクトリック・オデッセイ プラガー