東芝、川崎市にスマートコミュニティセンター

東芝は5月16日、スマートコミュニティ事業体制を強化するため、「スマートコミュ二ティセンター」を神奈川県川崎市に設立すると発表した。

センターは、スマートコミュニティ事業のグローバル展開に向けた中核拠点としての機能を持たせる。2013年10月に開所予定で、収容人数は最大約7000人。

センターには、グループ会社を含む社会インフラ部門やクラウドソリューション部門などスマートコミュニティ事業に関連する部門を集約する。グループのスマートコミュニティ関連部門のシナジー効果を発揮するとともに、川崎周辺に位置する同社の研究所、社会インフラ部門の工場とも連携を図る。

新センターにはBEMS(ビルディング・エネルギー・マネジメント・システム)などスマートビルを構成する最先端システムや最新のスマートコミュニティ、スマートファクトリーの技術を分かりやすく展示・紹介するショールームも設置する。

また、建物自体に同社のICT、制御、センシングなどの先端技術を取り入れ、快適性と省エネルギーを高いレベルで両立するBEMSを導入し、平常時・非常時ともに最適な電力需給が可能な先進のスマートビルにする予定。

免震構造の建屋や非常用自家発電装置、防潮板装備を設置するなど災害耐性を高いビルにするほか、太陽光発電や蓄電池による電力の最適制御、最適空調制御システム、人物検知制御システム、エネルギー見える化システムの導入により省電力化の具体的な効果を検証する。

新センターは同社のスマートコミュニティ事業のグローバル展開を進める上での中核拠点として位置づける。