トヨタカローラアクシオ《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジした、トヨタ『カローラ』のデザインキーワードは“スタイリッシュ&ユニバーサル”である。

そして、『カローラアクシオ』は、「品格、スタイリッシュさと、高いユニバーサルデザイン性能の両立を目指しました」とは、製品企画本部チーフエンジニアの藤田博也氏の弁。「フロントビューは大きなラウンドを持ったフロントウインドウを採用し、フロントピラーの付け根を現行モデルよりも後方に引くことで、印象的なスタイルと良好な前方視界を両立させました」とする。また、「フロントグリルはV字型形状とし、ヘッドランプにつなげることでワイド感を強調。また、ボンネットに厚みを持たせることで、車格感を持たせました」。

サイドビューは、「伸びやかな躍動感のあるキャビンに対し、ベルトラインから下のアンダーボディは、水平基調でしっかりとした安定感を醸し出し、セダンの基本を押さえながらも新しい表現を目指しています」と話す。

リアビューはサイドからの流れに呼応して、「張りを持たせ立体的なリアコンビランプでワイド感とともに車格感を演出。更に、トランクエンドからリアコンビ、そして、バンパー下端へとS字を描くリアコーナーを印象的に表現しました」。

フィールダーは、「若々しいアクティブなスタイリッシュさと、高いユニバーサルデザインの両立を目指しています」と述べ、「ベルトラインの後方を跳ね上げ、バックウインドウの傾斜を強め、ダイナミックなサイドスタイルとしています。リアはトヨタ初の樹脂バックドアの採用で、立体的でシャープなデザインとしました」と語った。

トヨタカローラアクシオ《撮影 内田俊一》 トヨタ・カローラフィールダー トヨタ・カローラフィールダー トヨタ・カローラフィールダー トヨタ自動車・藤田博也チーフエンジニア≪撮影 小松哲也≫