日立化成工業の、自動車用摩擦材料を製造、販売するタイ子会社ジャパンブレーキ(JBT)は、同国内に自動車用摩擦材料の第2工場を新設することを決定した。

タイは東南アジアにおける自動車産業の主要国で、日立化成グループでは、JBTが自動車用摩擦材料を、その他にも日立化成グループ会社が粉末冶金製品や内・外装成形品、鉛蓄電池事業を展開している。

タイにおける自動車用摩擦材料の需要は増加しているものの、現拠点に拡張の余地がないことから、JBTは、同国ゲートウェイ工業団地内に自動車用摩擦材料の第2工場新設を決定した。

新工場では、ディスクブレーキパッドやブレーキアッセンブリー、シューアッセンブリーなどの自動車用摩擦材料を生産し、売上拡大を目指す。稼働開始は2013年2月の予定。