12日午前11時50分ごろ、静岡県清水区内の新東名高速道路下り線で、路肩を逆走している軽乗用車を通行人が発見。警察へ届け出た。クルマは富士市内まで約18km走行したが、この間に事故は無かった。警察は運転していた84歳の男性から事情を聞いている。

静岡県警・高速隊によると、逆走開始地点は同区内の新清水インターチェンジ(IC)付近とみられ、午前11時50分ごろから「逆走車がいる」との通報が続けて寄せられるようになった。

高速隊が捜索したところ、新清水ICから東京方向に約18km離れた富士市大淵付近で路肩を逆走している軽乗用車を発見。これを抑止し、運転していた富士市内に在住する84歳の男性を保護した。逆走車が絡んだ事故は無く、男性にもケガはなかった。

調べに対して男性は「気づいたら高速道路だったので、自宅に帰ろうとUターンした」などど供述している。男性は西富士道路を走行していたが、接続する新富士ICから新東名に入ったものとみられている。新東名での逆走事案は今回が初となる。