トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》

「我々は、ハイブリッドより効率の悪い電気自動車なら作る意味はないんです」…『プリウスPHV』を見ると、そう言い切ったトヨタハイブリッド戦略のボス、小木曽聡エンジニアの言葉を思い出す。

なにかとクリーン、クリーンともてはやされ、「ゼロエミッション」と言い切っているEVだが、それはぶっちゃけ表の顔だ。確かにその半径数m内では完全クリーン。でも、肝心の電気をどうやって作っているのか? 石油なのか石炭なのかはたまた原子力なのか。それによりクリーンの意味合いが変わってくる。

要するに家では子供と奥さんを大切にする“いいパパ”でも、ウラでなにをやっているかわからない。それにも似ている。必ずしも浮気を意味するわけではない。もしやそのスジの人!? ってこともあり得るでしょ!

そこでプリウスPHV。コイツはガソリンを使ってなるべく効率良く走るという意味で現状ほぼ究極。多少は怒るが、ナイスな自営業のお父さんのようなもの。家で仕事してるから、悪いことをしているヒマがない。

しかもその気にならば20km前後はEVで走れる。それを自家発電ソーラーで充電していたら…もう文句を言いようがありませんぜ!

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★★

小沢コージ|バラエティ自動車ジャーナリスト
横浜市出身。自動車メーカー、二玄社『NAVI』編集部員を経 てフリーに。現在『ベストカー』『エンジン』『週刊プレイボーイ』『MONOMAX』時計ビギン』などの雑誌「carview」「webCG」「日経BP ネット」「Vividcar」などネットに多数連載。愛車はポルシェ911 カレラ2、ロールスロイスなど。趣味はサッカー、スキー、ゴルフ、絶叫カラオケ!?

トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》