NTNが15日発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前期比15.6%減の207億2300万円で、大幅な減益となった。

震災やタイ洪水の影響による自動車向け部品の受注減を建設機械や工作機械向けがカバー。売上高は同2.5%増の5434億6800万円だったが、海外における生産会社の立ち上げコストなどがかさみ、営業利益は落ち込んだ。

経常利益は同11.4%減の186億9100万円、純利益は、投資有価証券評価損や地震関連費用などの特別損失の計上で、同58.4%減の59億9300万円となった。

今期の業績見通しは、売上高は前期比10.4%増の6000億円、営業利益は同30.3%増の270億円、経常利益は同17.7%増の220億円、純利益は同83.5%増の110億円とした。