フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》

全長5m超にして全幅2m。車両重量も2tを超えるというそんなフルサイズのアメリカンSUVを、2リッターの4気筒ユニットで走らせるという“驚愕のスペック”の持ち主は、しかしDレンジを選択してアクセルペダルに軽く力を加えると、意外にも静かにスムーズにスルスルと走り始める。

かくして、「実用上は不足がない」と言えばそれは当たっているのだが、一方で時に6速と5速、あるいは5速と4速の間をせわしなく変速するなど、かつてなくパワーユニットが忙しく働いていると思わせる『エクスプローラー』である事もまた確か。これで、変速レンジが広くステップ比は小さい8速ATあたりとの組み合わせが実現すればまた印象は変わりそうだが、現状ではどうしても“ゆとりが少ない感”が付いて回る。

また、中立部分の据わり感がやや乏しい上で、操作をすると急激に舵の効きが立ち上がるステアリング・フィールもやや気になった。エクスプローラーって、こんなだっけ?

それはそうと、まずは右ハンドル仕様が用意されないと、日本では“普通のクルマ”としてセールスをする土俵には上がれない。“市場開放”についてあれこれ言うのは「それから」だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。

フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード・エクスプローラーXLTエコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》