トヨタ エスティマ マイナーチェンジ《撮影 内田俊一》

トヨタ『エスティマ』がマイナーチェンジした。その基本フォルムは初代から大きくは変わっていないという。

「その理由は、エスティマという未来の乗り物を22年前に開発した先人たちの理想が、現在のユーザーにも受け入れられているからだと思っています」と話すのは製品企画本部開発主査の杵築邦昌氏。

「エスティマという車名は、英語の“尊敬すべき”というESTIMABLE(エスティマブル)という言葉から付けられました。先人たちの時代を超えた想像力、好奇心、そしてそういうものを実際のクルマに創り上げるという志の高さこそ、エスティマブルだと思いますし、これがエスティマのブランド価値だと思っています」。

最後に杵築市は、「未来的、先進的、スタイリッシュなどエスティマを語る言葉はたくさんありますが、それは常に新しいクルマの価値を追求し続けることによって与えられた言葉だと思っています」。

そして、今回のマイナーチェンジでは、「そのエスティマインドを継承しながら更なる進化を遂げました。新しくなったエスティマは、皆さんのアイディアで、我々作り手の創造を超えた新しい価値を発見できる可能性を秘めたクルマだと思っています。このエスティマが皆さんとともに新しい未来を創っていければこんなに嬉しいことはありません」と語った。

トヨタ エスティマ マイナーチェンジ《撮影 内田俊一》 トヨタ エスティマ マイナーチェンジ《撮影 内田俊一》 トヨタ エスティマ マイナーチェンジ《撮影 内田俊一》 トヨタ エスティマ マイナーチェンジ《撮影 内田俊一》 トヨタ エスティマ マイナーチェンジ《撮影 内田俊一》