ティラドが15日発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前期比13.0%減の41億4600万円となった。

自動車用ラジエターが国内外で順調に推移。売上高は同7.1%増の893億8300万円と順調な伸びを示したが、収益は震災とタイの洪水による減産の影響および繰延税金資産の取崩しなどで前年を下回った。

経常利益は同5.3%減の46億8900万円、純利益は同29.8%減の29億8100万円となった。

今期の業績見通しについては、売上高は前期比4.6%増の935億円、営業利益は同15.8%増の48億円、経常利益は同13.0%増の53億円、最終利益は同17.4%増の35億円とした。