日本産業機械工業会が発表した2011年度の産業機械の受注高は、内外需とも増加、前年度比24.9%増の5兆9270億円となり、2年連続で前年度を上回った。

国内向けは同8.9%増の3兆2055億円、海外向けは同50.9%増の2兆7214億円となり、いずれも2年連続で前年度を上回った。

国内向けでは、製造業が化学、旧一般機械の増加により、同9.6%増の1兆576億円、非製造業が電力、その他非製造業の増加により、同7.8%増の1兆2576億円だった。官公需は地方公務の増加により、同12.4%増の6024億円、代理店が同4.8%増の2878億円だった。

国内向けで増加した機種は、ボイラ・原動機、鉱山機械、化学機械、タンク、プラスチック加工機械、ポンプ、圧縮機、運搬機械、金属加工機械、その他機械の10機種。減少した機種は、送風機と変速機だった。

海外向けでは、アジア、欧州、北米、南米、オセアニアが増加した。増加した機種は、ボイラ・原動機、化学機械、タンク、プラスチック加工機械、ポンプ、圧縮機、運搬機械、金属加工機械、その他機械の9機種。減少した機種は、鉱山機械、送風機、変速機の3機種だった。