1.6リットル直噴ターボエンジンを搭載したボルボ V60 T4 R-DESIGN

ボルボ・カーズ・ジャパンは15日、ボルボ『V60』の特別仕様車「V60 T4 R-DESIGN」を設定して販売を開始した。

R-DESIGNモデルは、専用のインテリア/エクステリアのほか、シャシーに細かなチューニングを施したモデル。V60では、従来3リットルターボエンジン搭載モデルのみのラインナップであったが、今回、1.6リットル直噴ターボエンジンモデルをベースにしたモデルを初めて設定した。

また、V60と同時にセダンの『S60』にも特別仕様車「S60 T4 R-DESIGN」を設定して販売を開始。なお、両モデルには、自動ブレーキシステムの「ヒューマン・セーフティ」や全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)がセットとなる「セーフティ・パッケージ」が、25万円のオプションとして用意される。

価格はV60 T4 R-DESIGNが468万円。S60 T4 R-DESIGNが448万円。

ボルボ S60 T4 R-DESIGN《撮影 土屋篤司》 ボルボ S60 T4 R-DESIGN《撮影 土屋篤司》 ボルボ S60 T4 R-DESIGN《撮影 土屋篤司》 ボルボ S60 T4 R-DESIGN《撮影 土屋篤司》