ソーシャルレースゲーム「アフターファイアー」(イメージ)

アイフリークは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」「Mobage」にて、博報堂と共同事業で開発しているソーシャルレースゲーム「アフターファイアー」をフィーチャーフォン版に続き、スマートフォン版でのサービス提供も開始した。

アフターファイアーは、1週間を1シーズンで括って開催される全7ラウンドのレースへ参加し、タイムを競い合うソーシャルレースゲーム。

HKSやBLITZを始めとする30社を超える実在チューニングパーツメーカー・ショップが登場。各メーカー・ショップのデモカーや80種以上のチューニングパーツを用いて、自分仕様のマシンにチューニングすることもできる。
今回、元レーシングドライバー、土屋圭市氏が参戦。土屋氏がチューニングした『スプリンター トレノ(AE86)』、『NSX Type R』も登場する。

利用料金は一部アイテムを除き無料。

ソーシャルレースゲーム「アフターファイアー」(イメージ) ソーシャルレースゲーム「アフターファイアー」(イメージ)