2012年5月1日付日本経済新聞朝刊全国版に掲載された全日本トラック協会による全面意見広告

全日本トラック協会は15日、日本経済新聞朝刊全国版に、軽油価格高騰等トラック運送業界の窮状理解促進を図る全面意見広告を掲載した。

昨今の原油高により燃料価格(軽油)が高止まりをしており 、中小トラック運送事業者が大半を占めるトラック運送業界では、多くの事業者が文字通り事業存廃の岐路に直面していると訴えた。

経営危機の突破に向けて、同協会では「燃料価格高騰による経営危機突破全国統一行動・全日本トラック協会中央対策本部」を設立。関係団体等にも共同行動を呼びかけ、5月15日に東京・日比谷公会堂をはじめ、全国各地で総決起大会、街頭アピール、要望活動等による「燃料価格高騰による経営危機突破全国統一行動」を実施する。