日産・『e-NV200』(イオンリテール用モニター車)

日産自動車は、イオンリテールに多目的商用バン『NV200』をベースとした電気自動車のモニター車1台を貸与し、実証運行を開始する。

今回の実証運行では、イオンリテールがイオン浦和美園店における「イオンネットスーパー」の配達車両として、モニター車を約1か月間活用し、ビジネスにおける実用性を確認する。

モニター車は、2012年1月に開催されたデトロイトモーターショーで、コンセプトモデルの世界初披露を行なったゼロ・エミッション車『e-NV200』がベース。

日産の村上秀人執行役員は、「電気自動車は、都市生活の質を向上させるだけでなく、優れたランニングコストが、企業にとって大きな魅力となる。イオンリテール社の評価結果は、顧客ニーズに合った将来の小型EV商用車を作るうえで極めて有効なものになると考えている。今後の実証運行を通じたフィードバックを反映して登場する『e-NV200』がビジネス、ひいては、持続可能な社会づくりに貢献できるようになることを期待している」と述べた。