ホンダ・UNI-CUB

ホンダは15日、人との調和を目指し、人の歩行のような全方位への自由自在な動きと、両足の間に収まるコンパクトなサイズを両立した新たなパーソナルモビリティー『UNI-CUB』を発表した。

2009年に公開したパーソナルモビリティー「U3-X」をベースに進化したUNI-CUBは、ホンダ独自のバランス制御技術と全方位駆動車輪機構を装備。身体を傾けて体重移動するだけで速度や方向の調整ができ、前後移動に加えて真横や斜めなどさまざまな方向に動き、曲がり、止まることを可能としたことで、周囲の人の動きに対しても機敏に対応することができる。

また、両足の間に収まるコンパクトなサイズを実現。足着き性が良く、周囲の人と目線の高さが同等となるようにした。これにより、乗る人と周囲の人に優しいモビリティーとして、人と調和し、人が行き交う屋内空間や施設などでの移動を可能とした。

6月より、日本科学未来館と共同実証実験を開始し、施設内での活用の可能性を検証していくとともに、さらに、国内外のさまざまな使用環境において、実用性の検証を進めていく。

ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB ホンダ・UNI-CUB